笑顔の花びら集めたい
お問い合わせ
main image
笑顔の花びら集めたい
main image

産学連携プロジェクト

彼女はだれ?


『彼女』の正体は・・・
 

岐阜ご当地タレント・モデルの塚本明里です!

 
彼女は可児市出身。岐阜のご当地タレントとして、主に可児市からご当地の情報を発信しています。
またご当地タレントとしてだけではなく、モデルとしても活躍中。過去にはミスユニバース岐阜大会のファイナリストに残ったこともあります。

そんな才色兼備の彼女ですが、実は難病を3つ抱えているという側面を持っています。その難病の中の1つが筋痛性脳脊髄炎という、全身に激しい倦怠感を感じ、重症化すると寝たきりにもなる病気です。そのためいつでも横になれるよう、普段はリクライニング式の車いすに乗って生活をしています。

この過酷な病気についてぜひ知っていただきたく、今回のプロジェクトがスタートしました。ぜひ、筋痛性脳脊髄炎という過酷な病を知ってください。
 

患者会からのお願い

皆様、この機会に筋痛性脳脊髄炎という病気について理解を深めてください。
塚本明里についてはこちらのページをお読みください。
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群についてはこちらのページをお読みください。
 
それでは、この前代未聞のプロジェクトの概要をご覧ください。
 

プロジェクトスタート

このたび産学連携プロジェクトとして『病気啓発ラッピングトラック』を走らせることになりました!
このトラックは、皆様に筋痛性脳脊髄炎という病気を知ってもらうための啓発トラックです。
塚本明里という『人』をキーとして病気を啓発する仕掛けを施しました。ぜひご注目ください。
 

ご協力いただいた企業・団体様

モデルヘアメイク:名古屋モード学園
企画・プロデュース:株式会社ブランコ
撮影・化粧品提供:株式会社ミルク
ラッピングの内容やアイディア提供:岐阜のまちづくりの会 「ひとひとの会」
ラッピングトラック施工:株式会社エイティーエイト
撮影時制作費用及びラッピングトラック提供:三和梱包運輸株式会社
 

モデル撮影とメイク選定

去る某日、名古屋モード学園と株式会社ミルク/株式会社ブランコによるモデル撮影が行われました。テーマは筋痛性脳脊髄炎の啓発カラーである『青』と、患者会のイメージである『花』。様々なメイクが生み出され、その中から投票によってラッピングトラック用のメイクが決まりました。




 

塚本明里撮影

メイク決定後、塚本明里をモデルとした撮影を行いました。基本的に頭を上げていられない彼女のために、『寝たまま』メイクを行い、スピーディーに撮影しました。




 

ラッピングデザイン完成

撮影データをもとに、ラッピングトラックのデザインが作られました。『彼女はだれ?』という問いかけとともに彼女の写真が大きくあしらわれており、人の目を引き付けるデザインが出来上がりました。

 
こうして出来上がったラッピングトラックは今日も全国を駆け巡り、病気の啓発をしています。
 

≫戻 る

 

NEWS

2017/03/31
ホームページリニューアルしました